目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

タケエイ

タケエイ公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:タケエイ公式サイト
http://www.takeei.co.jp/

収集・運搬から最終処分まで対応し、さまざまな素材の産業廃棄物をリサイクルしているタケエイ。企業の特徴やリサイクル事例、基本情報をまとめました。

タケエイの産業廃棄物処理の特徴

タケエイの産業廃棄物処理の強みや特徴についてまとめています。

運搬から最終処分まで頼れる一貫システムが魅力

収集運搬から最終処分まで一貫した処理サービスを提供してくれるタケエイ。通常、産業廃棄物処理は廃棄物を収集運搬し、中間処理場で細分化・無害化した後、最終処分場で自然へ返すという工程で行なわれます。通常はそれぞれの工程を違う企業が担当するのですが、タケエイでは1つの企業ですべて完結。最初から最後まで一貫したサービスが受けられるので安心感が強くなります。

幅広いサービスが展開できる体制が整っている

タケエイグループはさまざまな素材のリサイクル工場や太陽光発電施設を持っていて、幅広い廃棄物を資源に変える環境が整っています。また埋め立てを終えた跡地はゴルフ場として有効活用。ただ廃棄物を処理するだけでなく、地域社会と自然環境との調和を考えながら事業を展開しています。再生可能エネルギーへの取り組みも積極的で、持続可能な社会づくりを支えているのです。

レベルの高い認定許可を持っている優良企業

産業廃棄物処理業者として適切な処理や資源化に取り組んでいる証である「産廃エキスパート」や「優良産廃処理業者認定制度」を取得しているタケエイ。どちらも取得している企業は数少ないため、品質の高さは業界でも有数と言えるでしょう。社会環境に合わせた適切な方法で廃棄物を処分してくれます。

リサイクル処理の事例

タケエイの行う産業廃棄物のリサイクル処理の事例について見ていきましょう。

木くず

一定のサイズに砕いて木質チップへ加工。化石燃料以外の再生可能資源を使った加熱発電である「バイオマス発電」の燃料として利用されています。パルプ原料や製造工場でのボイラー用燃料として活躍することも。

金属くず

金属くずは分解や切断処理を行なって、鉄・アルミ・ステンレス・銅など素材ごとに分けられます。その後、製鉄メーカーや非鉄メーカーの資源として再利用。例えばジュースの缶として活用されています。

石膏ボード

廃棄物として出された石膏ボードは特殊な処理を施し、石膏粉と紙に分別。石膏ボードメーカーで製品材料として利用され、再度石膏ボードとして生まれ変わります。

マニフェスト

電子マニフェスト
廃棄物処理では運搬や処理といった各工程を管理するマニフェスト(管理表)が必要になります。廃棄物の種類や量、処理業者名などを記入するもので、処理工程が進むのと同時に次の業者へ引き継がれ最後に依頼者のもとへと返却されるもの。タケエイでは電子マニフェストに対応していてインターネットでこの票を管理することができます。

取得認可

  • 一般廃棄物処理
  • 産業廃棄物処理
  • 特別管理産業廃棄物処理

保有している優良認定制度

  • 産廃エキスパート
  • 優良産廃処理業者認定制度
  • ISO14001認定

タケエイの基本情報

所在地 東京都港区芝公園2-4-1 A-10F
営業時間

【本社】月~金 8:00~17:00、土 9:00~15:00
【収集】8:00~19:00
【中間処分】東京・神奈川は24時間、千葉は8:00~17:00(土曜日は9:00~15:00)
【最終処分】8:00~17:00

定休日 【本社】日曜日・年末年始
【収集】夏季休暇・年末年始
【中間処分】東京・神奈川は、原則365日受入可能
※千葉のみ日曜祝日休み
【最終処分】日曜・祝日・夏季休暇・年末年始
対応エリア 東京・神奈川・千葉