目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

中央通運株式会社

主に首都圏で通運事業、建設運輸事業、センター事業、エコビジネス事業を行っている業者です。特徴、過去のリサイクル処理の事例、マニフェストや基本情報などについてまとめました。

中央通運株式会社の特徴

東京都における優良産廃処理業の産廃エキスパートに認定

2010年2月10日に産業エキスパートに認定されました。これは、財団法人東京都環境整備公社によって認められるもので、東京都における優良産廃処理業として認められたことを意味しています。

この認定を受けている業者は、環境や社会のことを考慮した処理を行っている業者でもあるため、しっかりとこういった取り組みを行っている業者を選びたいと思っている方も納得できるでしょう。

リサイクル業者だからといって簡単に取得できる資格ではないので、この資格を取得しているだけでも大きく評価できます。事業計画の中でも適正な収集運搬を行うだけでなく、クリーンな環境作りのために取り組んでいくことが表明されています。

特定有害産業廃棄物も取り扱い可能

特定有害産業廃棄物とは廃石綿等、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸などのこと。特に有害性が高い物質や毒性・感染性が高いもの、またはそういったものを含む廃棄物のことを指します。危険性が高いわけなので、こういった物を処理する際には、適切な環境の中、正しい方法で処理をしなければなりません。

中央通運株式会社はこういった取り扱いが難しい廃棄物に関しても対応可能となっているので、他で対応してもらえるところが見つからないでいる方もお願いしてみましょう。安全に考慮した方法で処理してくれるので、安心して相談することができますね。

汚泥、建築廃材、ガラスくずなどの取り扱い実績も豊富

ただ単に取り扱っているだけでなく、これまでに豊富な実績を誇っています。ホームページ上では、産廃収集運搬実績が過去3年間にわたり公開されているので、参考にしてみてはどうでしょうか。

やはり、実績豊富なところのほうが安心しておまかせすることができますよね。気になる方は、過去の実績情報なども確認しながら検討してみてはどうでしょうか。

処理できるものの種類が多いため、幅広くおまかせできるのが魅力です。

詳細についてはホームページだけでなく、電話でも問い合わせが可能となっているので、そちらを利用してみるのもおすすめです。

この他にも、焼却灰、廃アルカリ、コンクリート殻、シュレッダーダスト、廃基盤、廃プラなどの取り扱い実績が豊富にあります。

リサイクル処理の事例

どのような事例があるのかについてご紹介します。

廃基盤や焼却灰・汚染土壌のリサイクル

回収だけでなく、リサイクルにも力を入れています。廃棄物の発生元や再生企業と提携を行い、「リサイクルの輪」を構築しているとのこと。これは、特殊な再生加工技術を用いることによって資源の抽出や再製品化をする一連の流れのことです。

やはり、廃棄するだけでなく、こういった取り組みも行っていかなければなりませんよね。中央通運株式会社ではリサイクルだけでなく、エコドライブを推進して燃料消費と排気ガスの削減に努めていたり、すべての部門で省資源図書エネルギーに努めるなど、環境方針も徹底している業者です。

この辺りも多くの方から信頼される理由になっているでしょう。

マニフェスト

マニフェストに関する詳しい情報は見つかりませんでした。不明点があった場合にはお問い合わせを受け付けているそうなので、電話で問い合わせてみてはどうでしょうか。

営業窓口が用意されているので、そちらに問い合わせが可能です。

取得認可

  • 産廃エキスパート

中央通運株式会社の基本情報

所在地 東京都港区三田3-12-14 ニッテン三田ビル4F
営業時間 不明
定休日 不明
対応エリア 不明