目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

アサヒプリテック

 アサヒプリテック公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:アサヒプリテック公式サイト
http://www.asahipretec.com/

貴金属や有害物質など幅広い廃棄処理に対応してくれるアサヒプリテックについて、特徴や処理事例、基本情報などを紹介します。

アサヒプリテックの産業廃棄物処理の特徴

アサヒプリテックの産業廃棄物の特徴や強みについて解説します。

有害物質の廃棄物処理まで幅広く対応

アサヒプリテックは貴金属や木くずの他、薬品や廃油、感染性廃棄物といった有害物質の廃棄も行なう幅広い対応力が魅力です。爆発性・毒性・感染など、人の健康や生活環境へ被害をもたらす可能性がある廃棄物を処理できる「特別管理産業廃棄物収集運搬業許可」を保持。安全管理の行き届いた環境で処理しています。

貴金属のリサイクルが得意

産業廃棄物の中でもとくに貴金属のリサイクルが得意なアサヒプリテック。歯医者から出る銀歯や仮歯、半導体企業から出る電子部品などを積極的に扱っています。

こうした貴金属には金・銀・プラチナ・パラジウムといったレアメタルが含まれているのが特徴。独自の技術とノウハウを使ってレアメタルだけを取り出し、リサイクルしています。

研究機関で研究を進め品質を保持

アサヒプリテックではテクノセンターという研究・分析機関を設け、技術や品質をキープしています。研究・開発・分析・設備設計・製造・品質保証などさまざまな部門を設置。常に新しい知識を身に着け、幅広い物質の廃棄・リサイクルを進められるようにスキルを磨いています。

リサイクル処理の事例

アサヒプリテックの行う産業廃棄物のリサイクル処理についてどのようなものがあるか、見ていきましょう。

Eスクラップ

パソコンや携帯電話などに使用されている部品の廃棄物です。貴金属やレアメタルが豊富に使用されているため、特殊な技術で必要な金属だけを抽出し、加工・製品化していきます。

液晶表示ディスプレイ

液晶パネルには透明電極膜という部品の材料としてインジウムという物質が使用されています。アサヒプリテックでは独自の技術でインジウムだけを回収することが可能。回収したインジウムを素材として再利用しています。

製版フィルム

写真やポスターの作成に使われる製版フィルムは、含まれている銀を回収して残りの成分を無害化。銀は原料としてリサイクルし、他の廃棄物は焼却・破砕して処理しています。

マニフェスト

電子マニフェスト対応
産業廃棄物の処理を依頼する際にはマニフェスト(産業廃棄物管理票)を作成する必要があります。アサヒプリテックでは電子マニフェストに対応していてインターネットを通してマニフェストのやり取りが可能。廃棄物の情報登録や収集運搬完了・処分完了の報告がパソコンで確認できます。

取得認可

  • 産業廃棄物処理
  • 特別管理産業廃棄物処理

保有している優良認定制度

  • 産廃エキスパート
  • 優良産廃処理業者認定
  • ISO14001認定

アサヒプリテックの基本情報

所在地 東京都千代田区丸の内1-7-12 サピアタワー11F
営業時間 9:00~17:30
定休日 土日・祝日・夏季休暇・年末年始
対応エリア 47都道府県全て