目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

環境配慮を考えた産業廃棄物のリサイクルを調査

こちらでは、産業廃棄物のリサイクルの方法やメリットについてまとめました。さらに、産業廃棄物のリサイクルを安心して任せられる処理業者も紹介しています。

企業には環境に配慮した行動が求められている

環境省の環境再生・資源循環局では、循環型社会の形成を目指して様々な取り組みを行っています。生活環境を保ち、資源を有効利用するために、廃棄物の発生抑制(リデュース)・再使用(リユース)・再資源化(リサイクル)と適正処分の推進には特に積極的です。

「企業の社会的責任(CSR)」の一環として、企業は環境に配慮したCSRを打ち立てることが求められています。日本では「CSR=社会貢献」という認識ですが、実際はただの社会貢献に留まりません。特に大手のグローバル企業は国家やNGO(民間の国際協力組織)、ISO(国際標準化機構)といった組織との信頼関係を築くためにも、CSRの重要性は無視できないものです。

これらの理由からリサイクルを導入する企業が年々増えており、「廃棄物の資源化ビジネス」の市場は大きく広がっています。

安心してリサイクルを任せられる産業廃棄物処理業者3選

産業廃棄物を処分してくれる業者は多数存在しますが、廃棄物処理には複雑な制約があるため、業者によって得意・不得意があります。産業廃棄物処理業者の中には、リサイクルを積極的に行っているところもあるので、業者を複数見比べたうえで相談してみるとよいでしょう。

ここでは、リサイクルに力を入れている優秀な産業廃棄物処理業者を3社紹介します。どの処理業者に相談しようか悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

リサイクル・ネットワーク

廃棄物の資源化やリユースなど、リサイクルを多角的に提案してくれる

 リサイクル・ネットワーク公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:リサイクル・ネットワーク
https://www.r-nw.com/
産廃エキスパート
(東京都の優良認定業者)
優良産廃処理業者認定制度
(国の制度。全処理業者のわずか1%)
ISO14001認定
マニフェスト スマートマニフェスト対応

リサイクル・ネットワークは社名の通り、関東圏の数十社に及ぶリサイクル業者とのネットワークを駆使して、廃棄物や不用品のリサイクルを、より高次元の処理方法[適正処理⇒熱回収(サーマルリサイクル)⇒再生利用(マテリアルリサイクル)⇒再使用(リユース)]で多角的に提案をしてくれます。提案料は一切かからず、相談・見積もりは無料で対応してくれるので気軽に相談しやすいのもポイント。

オフィスの引っ越しや事務所移転、大掃除などで出たオフィス家具・什器や、建設業で出る廃木製パレットなど良質なものは買取もしてくれるので、その点でもコスト削減につながることでしょう。

様々な優良認定を受けているリサイクル・ネットワークには、安心して委託できる条件が揃っています。

廃棄物の資源化(リサイクル)だけでなく、廃棄コスト削減についての提案をしてくれるため、「環境には配慮したいけれど、できるだけコストを抑えたい!」という会社にはぴったりの産業廃棄物処理業者だといえます。

リサイクル・ネットワークの
公式サイトでリサイクルを詳しく見る

電話で問い合わせる

要興業

処分業者との連係プレーで食品リサイクルにも注力

 要興業公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:要興業公式サイト
https://www.kaname-k.co.jp/
産廃エキスパート
(東京都の優良認定業者)
優良産廃処理業者認定制度
(国の制度。全処理業者のわずか1%)
ISO14001認定
マニフェスト 電子マニフェスト対応

要興業は、東京都23区で事業系廃棄物の定期収集・処分を行っている業者です。東京エリアにおける定期回収の対応数はトップクラス。様々な優良認定を受けています。

要興業では、食品リサイクルにも注力しています。食品リサイクル法はややこしく、事業者がひとりで全てを把握するのは困難です。特に年間100トン以上の食品廃棄物を排出する事業者は「発生量」「発生抑制量」「再生利用」の取り組みを定期報告する義務があるため、食品リサイクル法をよく知っておかなければなりません。

要興業では、定期報告のサポートや発生量・発生抑止量をより改善するためのアドバイスもしてくれるようです。希望すれば個別で食品リサイクルの説明を受けられるので、知識ゼロの状態でも安心して任せることができますね。

要興業の
公式サイトでリサイクルを詳しく見る

電話で問い合わせる

春江

質の高いリサイクルを目指し、幅広い方法に対応

 春江公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:春江公式サイト
http://www.harue.co.jp/
産廃エキスパート
(東京都の優良認定業者)
優良産廃処理業者認定制度
(国の制度。全処理業者のわずか1%)
-
ISO14001認定
マニフェスト 電子マニフェスト対応

春江では「もったいない精神」をモットーに掲げており、使い捨てを極力なくして廃棄物を資源に変える環境方針を掲げています。

扱ってくれるのは専ら物(再生利用の目的となる廃棄物)や機密文書、食品、家電、容器包装、建築資材など様々です。産業廃棄物だけでなく一般廃棄物の処理も請け負ってくれます。幅広いリサイクル事業を行っているのが春江の強みです。

リサイクルに関してはオールラウンダーのような業者だといえます。ほとんどのリサイクルに対応しているので、様々な廃棄物にぴったりのリサイクル方法を見つけることができるでしょう。

春江の
公式サイトでリサイクルを詳しく見る

電話で問い合わせる

どのようにリサイクルしているのか

産業廃棄物のリサイクルといっても、製品をそのまま使ったり、破砕して再利用したりと方法は様々です。こちらでは、産業廃棄物に分類される木くず、廃プラスチック、石膏ボード、がれき、汚泥、アスベスト、汚染土壌、動植物性残さ、医療廃棄物、燃え殻・飛灰のリサイクル方法についてまとめました。さらに、「循環型社会形成推進基本法」で定められている廃棄物処理方法の優先順位についても解説しています。

リサイクルのメリット

近年では廃棄物の最終処分場がひっ迫しており、すべての企業に資源を有効活用する循環型社会への貢献が求められています。排出事業者側でできるのは、ゴミを分別して排出すること。処理業者が分別までやってくれることもありますが、それをわざわざ排出事業者側で行うメリットは大きいのです。

こちらでは、排出事業者が産業廃棄物のリサイクルを積極的に行うメリットについて詳しくまとめています。