目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

機密書類の廃棄

機密書類の処理方法や、処理業者に委託するときの注意点についてまとめています。

機密書類の処理方法は主に3種類

機密書類は、情報漏えいのリスクを考慮して処理しなければなりません。処理方法は、主に以下の3種類に分けられます。

自社でシュレッダーにかける

自分たちで機密書類を断裁してから、回収業者へと引き取ってもらう方法です。

業者にシュレッダーをかけてもらう

処理業者が持ち運び式のシュレッダーを使って社内(発生場所構内)で書類を断裁し、そのまま回収してもらう方法です。シュレッダーにかける手間が省けます。

機密書類を段ボールに詰め、溶解または圧縮梱包してもらう

機密書類を段ボールに詰めてそのまま溶解、あるいは圧縮梱包する方法です。自分たちで断裁する手間が省けるうえ、リスク管理の面では最も安全性の高い方法だといえます。

処理業者に機密書類の処分をお願いするメリット

自社で行うことも可能ですが、産業廃棄物の処理業者にお願いすることで得られるメリットは下記の通りです。

機密を厳守できる

顧客リストやアンケート用紙といった個人情報のある書類は、決して外部に漏れてはならない書類です。処理業者に頼んで溶解してもらう場合は、機密書類を箱詰めしたら一度も開封せずに処理できるため、確実に機密情報を守って情報を廃棄できます。リスク管理の面で優れているというのが最も大きなメリットだと言えるでしょう。

大量処分が可能

書類を箱詰めするだけなので、大量の機密書類を一気に処分することが可能です。機密書類の対応可能な量についても業者に確認してみましょう。もちろん、1箱から取り扱ってくれる業者もあります。

コストを抑えられる

機密書類を自分たちで処理するとなると、シュレッダーにかける手間がかかり、その分の人件費がかさんでしまいます。処理の方法にもよりますが、基本的にホチキスやゼムクリップを分別する必要はありません。機密書類の処理に時間を割く必要がなく、人件費の圧縮にも繋がります。

信頼できる廃棄物処理業者を選ぶべき理由

実は、機密書類をリサイクルするために行政の許可は必要ありません。

オフィスから出る「紙くず」を処分する場合、リサイクル処理を行う場合に限っては産業廃棄物として扱われないからです。機密書類もオフィスから出る紙くずなので、「専ら物(再生利用を目的とした廃棄物)」として扱われるため、廃棄物処理法のほとんどの規制がかからないのです。

機密書類の処理を、値段の安さなどで悪質な業者に依頼しないように注意しましょう。機密書類には、漏れてはいけない情報が紛れ込んでいる場合もあります。情報漏えいのリスクをきちんと考慮したうえで、機密書類の処理を的確に行なってくれる優良な業者にお願いするべきでしょう。

産業廃棄物処理業者なら、他の廃棄物の処理もスムーズ

オフィスの引っ越しや移転、大掃除などのタイミングで、大量の機密書類の処理を行う際には、他にも様々な廃棄物が発生している場合があります。機密書類のリサイクルを扱っている産業廃棄物処理業者に頼めば、他の廃棄物もスムーズに片付けることができるでしょう。

ただし、機密書類の扱いをないがしろにしてしまう業者もいるので、機密書類をどのように運搬し、処理するのかをしっかりと確認してから委託してくださいね。

情報漏えいを防ぐためにも、機密書類を詰めた箱をそのまま製紙溶解炉に投入できる製紙会社や、大型シュレッダー機に通してから圧縮梱包機にかける古紙問屋と提携している産業廃棄物処理業者を選ぶのがおすすめです。

機密書類の処理で依頼したい産業廃棄物処理業者3選

機密書類の処理を的確に行い、安全にリサイクルしてくれる処理業者を3社ご紹介します。

「専ら物(再生利用を目的とした廃棄物)」扱いになってしまう機密書類は、産業廃棄物ではないので比較的安い価格で委託処理が可能です。しかし、価格が安い理由で処理業者を決めてしまうのは危険です。

運搬中に金額や名前などの個人情報が記載された給与明細などの書類が路上に散乱した、という事件も実際にありました。大切な機密情報だからこそ、信頼できる業者に頼むようにしましょう。

「産廃エキスパート」「優良産廃処理業者認定」「ISO14001認定」は、厳しい基準をクリアし、環境に配慮した処理を行なっている業者の証明となる認可制度です。これらの認可がなくても機密書類のリサイクルは可能ですが、信頼性を測る一つの指標になるでしょう。

リサイクル・ネットワーク

セキュリティやコストに合わせて、様々なリサイクルを提案

 リサイクル・ネットワーク公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:リサイクル・ネットワーク
https://www.r-nw.com/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定
ISO14001認定
マニフェストの種類 スマートマニフェスト

リサイクル・ネットワークでは、セキュリティやコストに合わせて機密書類の様々な処理やリサイクル方法を提案してくれます。複数の製紙会社・古紙問屋と提携しているので、溶解処理やシュレッダー処理など、要望に応じた処理方法を選ぶことが可能です。

ブログには実際に機密文書処理を行った事例が掲載されており、「処理場まで同行して、本当に箱を開封せずに溶解しているのか確かめたい」という要望に応じたという事例が紹介されていました。ただ機密書類を処理するだけではなく、顧客の不安を取り除くために柔軟に対応する姿勢がうかがえます。

機密書類の処理について、
リサイクル・ネットワークの公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

春江

機密書類専用BOXに入れて、そのまま回収。粉砕・溶解処理をしてくれる

 春江公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:春江公式サイト
http://www.harue.co.jp/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

春江はリサイクル事業に力を入れており、専ら物(再生利用を目的とした廃棄物)も取り扱っています。機密書類に関しては、段ボールに詰めた後「機密メディア専用ケース」に入れられ、厳重に施錠されたうえで運ばれるので運搬中も安心。溶解処理されたのち、希望すれば「処理証明書」を発行してくれます。機密書類の処理を無事故で続けてきたという実績も信頼のおけるポイントです。

機密書類の処理について、
春江の公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

エコモーション

機密書類を指定の工場で、その日のうちに溶解処理してくれる

 エコモーション公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:エコモーション公式サイト
https://www.kankyo-ecomotion.co.jp/
産廃エキスパート -
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定 -
マニフェストの種類 電子マニフェスト

エコモーションでは、最も環境に優しく、確実に機密情報を抹消できる方法として「溶解処理」を採用。機密書類は、エコモーション指定の工場でその日のうちに溶解処理されます。

自分でシュレッダー処理をする必要がないので、時間や労力を軽減させることが可能です。溶解処理された機密書類はリサイクルされ、トイレットペーパーなどの資源に変わります。

機密書類の処理について、
エコモーションの公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

目的別でおすすめの産業廃棄物処理業者を知りたい場合は、下記をクリック!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓