目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

定期回収

産業廃棄物処理は「定期回収」で依頼すると、決まった業者が定期的に回収しにきてくれます。廃棄物が出るたびに業者を選定したり、依頼の手続きをしたりといった手間が省けて便利。しかし、一度、産業廃棄物の処理業者を決めてしまうと変更が難しく、ズルズルと不利益な関係性を続けてしまうというケースもあります。業者選びは慎重に行いましょう。

「廃棄物は出るけど定期的に出るわけではない」「いきなり定期回収を契約するのは不安」という場合は、まずは臨時回収に対応してくれる産業廃棄物処理業者をチェックした方が良いかもしれません。

ここでは定期回収を依頼する業者の選び方について解説していきます。おすすめの業者も紹介しているので、定期回収してくれる業者を探している方はチェックしてみてくださいね。

定期回収の対象となる廃棄物

廃棄物処理業者が事業活動で生じた廃棄物を定期的に回収しにきてくれるサービスのことを定期回収と言います。定期回収の対象となる廃棄物は一般的に2種。「事業系一般廃棄物」と「産業廃棄物」です。事業系一般廃棄物に分類されるのは生ごみや紙くず、煙草の吸い殻などです。

産業廃棄物に分類されるのは

  • プラスチック製品
  • 化学繊維製品
  • 金属製品
  • ガラス製品
  • 陶磁器製品

など。産業廃棄物の方が大型で移送しにくく、処分にも困るものが多いのが特徴だと言えます。

あるだけで場所を取られてしまうので、廃棄物として排出されたら一刻も早く業者に処理してもらいたいですよね。

そもそも「産業廃棄物」がめったに出ないのに産廃の定期回収を依頼してしまうことのないよう、廃棄物の分類について、しっかり押さえておきましょう。

産廃業者に定期回収を依頼するときの注意点

定期回収を産廃業者に依頼する際は、下記の点に注意しましょう。

簡単に産廃処理業者の変更はできないので、慎重に選ぶこと

定期回収は、産廃処理業者を一度決定すると変更するのがとても大変です。他の産廃業者の方が丁寧なサービスを安く行なっていたとしても、会社同士の付き合いなどもあり、最初に契約した産廃処理業者にいつまでも依頼することになってしまいがちです。そのため、最初に優良な産業廃棄物処理業者を選ぶのが大切だといえます。廃棄物を排出する時期が定期的でないならば、定期回収でなく臨時ゴミを請け負ってくれる業者に頼むという選択肢もあります。

不法投棄などのトラブルに巻き込まれないように注意

産業廃棄物は業者に処理を依頼したあとも、廃棄物を出した事業所が責任を持つことになっています。もしも悪徳業者に処理を依頼してしまい、業者が定期回収した廃棄物を不法投棄など不適正処理をした場合は、依頼した企業や事業所がその責任を問われます。

「不法投棄をした会社」として認識されてしまうのは、業種によっては致命傷になりかねません。優良な産廃処理業者を選んでリスクを避ける必要があるのです。

優良な産業廃棄物処理業者の選び方

産業廃棄物業者を選ぶときには保有している「認定」と「マニフェストの種類」に着目するといいでしょう。

産業廃棄物処理業者の保有する優良認定制度をチェック

産廃処理業者が受けられる代表的な認定は次の3つです。

  • 産廃エキスパート…東京都が優良な産業廃棄物処理業者を認定する、第三者評価制度。エキスパートの下に産廃プロフェッショナルもあります。
  • 優良産廃処理業者認定制度…全処理業者の1%ほどしか認定を受けていない国の制度
  • ISO14001認定…環境に配慮した事業運営を行っているかに関する国際規格

これらの認定を受けている業者は、産廃処理業務を公的機関や第三者機関からチェックされて一定の水準をクリアしているので、優良な業者であると言えるでしょう。

マニフェスト(産業廃棄物管理票)

産廃処理業者と依頼主がやり取りする伝票が「マニフェスト」です。主に紙と電子、2種類のマニフェストがあります。依頼する側としては排出した廃棄物の状況がいつでも確認できる電子マニフェストを取り扱っている業者の方が安心して利用できるでしょう。

ただし、電子マニフェストは処理を委託した廃棄物についての情報を、依頼主側が「情報処理センター」にその都度登録しなければならないのが少し面倒でもあります。

最近では情報処理センターへの登録を処理業者が代行してくれる「スマートマニフェストシステム」を取り入れている業者も登場しています。せっかくの電子マニフェストも「登録が面倒でほとんど内容を確認しない」となっては意味がありません。

「仕事が忙しいのに、廃棄物の登録に毎回時間を取られては困る」という方は「スマートマニフェスト」を導入してる業者をチェックしてみてはいかがでしょう。

産業廃棄物処理・収集について
もっと詳しくチェックする

定期回収でお願いしたい産業廃棄物処理業者3選

産業廃棄物の定期回収を行っている処理業者を3社紹介します。

要興業

東京の産業廃棄物処理ルールを知り尽くしている定期回収の代表的な企業

 要興業公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:要興業公式サイト
https://www.kaname-k.co.jp/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

「産廃エキスパート」「優良産廃処理業者認定制度」「ISO14001認定」と3つの資格を有し、電子マニフェストシステムを導入している要興業。産業廃棄物を定期的に排出する事業所であれば、まず押さえておくべき業者だと言えるでしょう。

要興業の公式サイトで、
定期回収について詳しく見る

電話で問い合わせる

春江

顧客満足とコンプライアンスを最優先に考えた定期回収を行う

 春江公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:春江公式サイト
http://www.harue.co.jp/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

「産業エキスパート」と「ISO14001認定」の2つの認定を受けている春江。リサイクル事業に力を入れており、廃棄物処理においても可能な限りリサイクルを目指してくれるそうです。マニフェストは廃棄物の状況が確認しやすい電子マニフェストを採用されています。

春江の公式サイトで、
定期回収について詳しく見る

電話で問い合わせる

タケエイ

分別・回収方法の提案から最適な車両の配車まで要望に応えてくれる

 タケエイ公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:タケエイ公式サイト
http://www.takeei.co.jp/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

「産業エキスパート」と「優良産廃処理業者認定制度」、「ISO14001認定」の3つの認定を受けているタケエイ。グループ企業が一体となってリサイクルや再生可能エネルギーの開発などに取り組んでおり、産業廃棄物も環境に配慮した処理を徹底しています。

タケエイの公式サイトで、
定期回収について詳しく見る

電話で問い合わせる

1回限りの臨時のゴミや特別管理産業廃棄物の処理の場合は下記をクリック!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓