目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

大掃除・レイアウト変更・引越しに伴うゴミの処理

事務所を移転する際には、不要になったオフィス家具や電気器具、事務用品などを引越し作業と並行して廃棄しなければなりません。廃棄物についての責任は排出した事務所にあるため、最終的にどのように処理されたのか、きちんと把握しておく必要があります。

万が一悪徳業者に依頼してしまった場合、不法投棄など不適正処理をされて、大きなトラブルに巻き込まれてしまうかもしれません。

安心して任せられる産業廃棄物処理業者に依頼しましょう。

このページでは、事務所の大掃除やレイアウト変更、引越しなどに伴う廃棄物処理についてまとめました。

大掃除・レイアウト変更・引越しに伴うゴミの処理で注意すべきことは?

大掃除をしたり、レイアウト・引越しなどをする際には普段とは違って一度に多くのゴミが出てしまいますよね。

そこで、注意しておきたいポイントについてまとめました。参考にしてみてください。

粗大ゴミは自治体に回収してもらえるのか

ゴミを捨てる方法といえば、代表的なのがゴミの日にゴミ捨て場に出して自治体に回収してもらう方法です。しかし、多くの自治体では一般家庭から出た粗大ゴミしか回収してくれないのです。

事務所や企業から出たゴミに関しては処分の責任がその事業者にあり、責任を持って処分しなければなりません。

どこからが粗大ゴミになるのか?については自治体によって違うので注意が必要です。 一般的には30cm以上を粗大ゴミとしているところが多く、それ以上の大きさのゴミは粗大ゴミとして処分しなければなりません。

産業廃棄物と事業系一般廃棄物について

廃プラスチック類や木くずといった産業廃棄物以外なら自治体のごみに出していいのでは?と思うかもしれませんが、それ以外でも事業ゴミの場合は事業系一般廃棄物に該当し、処分の仕方は自治体によって細かく定められています。

専門業者に回収してもらわなければならないものもあるので、自己判断で「これくらいなら自治体のゴミに出してもいいだろう」とは考えないようにしましょう。

オフィスから出たのなら、ボールペンやクリアホルダーでさえ産業廃棄物に該当します。

業者に依頼したほうが安心

ご紹介したように、事業者がゴミを処分する場合にはいろいろと注意しておかなければならないことがあります。

少量だからといって自治体のゴミとして処分してしまうと自治体のルールを破ってしまう恐れがあるだけでなく、法律を破ることになるのです。

罰則も定められているので、「少量だから」、「きっとバレないから」、と適当に処分するのは大変危険だといえます。

安心して不用品を処分するためにも専門業者に依頼しておくと安心ですね。

事務所の引越しなど産業廃棄物処理で起こり得るトラブル

引越しなどで忙しく事務所の移転作業を行っていると、廃棄物の取り扱いがおろそかになりがちです。ついつい費用だけを見て安い業者に廃棄物処理を依頼してしまうこともあるのでは…。

しかし、移転時に出た廃棄物の処理責任は、排出事業者(依頼主)側にあるのが原則。もし悪徳業者に廃棄物処理を依頼してしまい、その業者が不法投棄など不適正処理をした場合は、依頼した側(排出事業者)にも責任を問われます。

「依頼した業者がしたことだから、何も知らない」と言っても責任を逃れることはできません。「不法投棄をした企業」として大きなイメージダウンを被ることになります。

正しく廃棄物を処理してくれる業者を選ぶには?

悪徳業者に依頼してしまうリスクを避けるために、優良な産業廃棄物処理業者を選ぶポイントを押さえておきましょう。チェックすべきは「優良認定の有無」と「マニフェスト」です。

産業廃棄物処理業者の持つ優良認定の有無をチェック

国や都道府県などから公的に認定されている業者は信頼できます。特に以下の3つの認定を受けているかどうかは業者を選ぶうえで着目すべきポイントです。

  • 産廃エキスパート
  • 優良産廃処理業者認定
  • ISO14001認定

産廃エキスパート

「産廃エキスパート」とは、東京都が実施している優良な産業廃棄物処理業者を認定する第三者評価制度。

  • 法を遵守しているか
  • 運営は安定しているか
  • 環境問題に対して先進的な取り組みを行っているか

を基準に、東京都が指定した(公財)東京都環境公社が、優良な業者かどうか評価・認定を行います。

「産廃エキスパート」の認定を受けている業者は、産業廃棄物処理業者の中でもトップランナー的存在の業者と言えますので、より安心して任せられます。

優良産廃処理業者認定

「優良産廃処理業者認定」は、通常の産廃処理業者の許可制度よりも厳しい基準で、国(都道府県・政令市)が審査し、認定する制度です。

  1. 実績と遵法性(5年以上の事業実績と、不利益処分を受けていないこと)
  2. 事業の透明性(定められた情報を、インターネット上で継続して公表していること)
  3. 環境配慮の取り組み(ISO14001等の認証を受けていること)
  4. 電子マニフェスト(電子マニフェストが利用可能であること)
  5. 財務体質の健全性(経常利益や自己資本比率が一定の基準を満たしていること)

上記の5つの基準を満たしていないと、優良産廃処理業者認定制度の認定を受けることができません。

優良産廃処理業者の認定を受けているのは全ての産廃処理業者のうちでわずか1%ほど。厳しい審査を経て、この認定を受けている業者は優良業者と判断して間違いないでしょう。

ISO14001認定

「ISO14001認定」は、企業が環境に与える影響を最小限に抑えることを目的に定められた国際的な標準規格です。ISO14001認定を受けている処理業者は環境に配慮して事業を行っており、不法投棄をはじめとする違法行為とは無縁の優良業者だと言えるでしょう。

これらの優良認定は、公的機関や第三者機関が産廃処理業者の業務を厳密に調査したうえで決定されるものです。多くの資格を保有している業者はそれだけ多くの機関・団体に、様々な観点から評価されていると言えます。

業者が保有している認定の数や種類を予めチェックしておくことで、優良な産業廃棄物処理業者を選ぶことが可能です。

マニフェスト

「マニフェスト」とは業者に産業廃棄物処理を依頼したときに交付することが義務付けられている伝票のこと。処理業者と依頼主がやり取りしたマニフェストによって処理状況が確認できるため、マニフェストがしっかり記載・管理されているかどうかで業者の信頼度が変わってきます。

マニフェストのやり取りをする際、3種類のシステムがあります

  • 紙マニフェスト…紙の伝票でやり取りをする
  • 電子マニフェスト…パソコンで伝票情報をやり取りする
  • スマートマニフェスト…電子マニフェストシステムで必要となる諸手続きを処理業者が代行してくれる

どのシステムでも依頼する企業と処理業者の間でやり取りされるマニフェストの情報に違いはありませんが、依頼する事務所側が手軽にマニフェストの内容を確認できる分、電子マニフェストやスマートマニフェストの方が信頼できると言えるでしょう。いつでも確かめられる情報に虚偽の記載をすることは考えにくいためです。

電子マニフェストとスマートマニフェストは信頼性の点ではほとんど変わりません。より手間の少ないスマートマニフェストを取り扱う業者を選ぶのが賢い選択だと言えますね。

事務所の引越しや大掃除で出たごみ処理を
安心して任せられる産業廃棄物処理業者3選

ここでは事務所の引越し・移転に対応している産廃処理業者を3社紹介しています。業者ごとに「受けている認定」と「マニフェストの交付システム」についても表でまとめました。

リサイクル・ネットワーク

不用品の買取、廃棄物の資源と処理コストの削減を提案。
後片付けもきれいにしてくれる!

 リサイクル・ネットワーク公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:リサイクル・ネットワーク
https://www.r-nw.com/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定
ISO14001認定
マニフェストの種類 スマートマニフェスト

「産廃エキスパート」「優良産廃処理業者認定制度」「ISO14001認定」と3つの認定を受けている優良業者リサイクル・ネットワーク。マニフェスト交付の煩雑な手続きを代行してくれる「スマートマニフェスト」を導入している数少ない産業廃棄物処理業者です。

事務所の移転時には産業廃棄物処理を行うだけでなく、不要品の買取や処理コストと廃棄物量の削減も提案してくれ、きれいに後片付けもしてくれます。

リサイクル・ネットワークの
公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

エコモーション

様々な不用品の買取に対応。廃棄物は多岐に渡る処理方法を提案

 エコモーション公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:エコモーション公式サイト
https://www.kankyo-ecomotion.co.jp/
産廃エキスパート -
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定 -
マニフェストの種類 電子マニフェスト

徹底したコストカットによる安さが魅力のエコモーション。安さの秘密は独自ネットワークを活かした買取とリサイクルです。一般的な処理業者がゴミとみなしてしまうような不要品も買取・リサイクルしてくれます。また、多様な処理方法が可能で、廃棄物の種類に応じて処理方法を変えられることも安さの要因です。

エコモーションの
公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

晴栄運送

産業廃棄物処分を自社で行い、オフィスの現状回復工事も行う

 晴栄運送公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:晴栄運送公式サイト
http://www.haruei.com/
産廃エキスパート -
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定 -
マニフェストの種類 紙マニフェスト

晴栄運送では、店舗移転に伴う廃棄物処分・解体工事・原状回復工事までを一貫して行ってくれます。移転・引越しに必要な業務すべてをまとめた見積もりを出してくれるため、コスト管理がしやすいのが晴栄運送を利用するメリット。

晴栄運送はもともと50年以上に渡って一般貨物運送事業を営んでいる業者です。そのため、移転時には廃棄物以外の貨物輸送も併せて依頼できますよ。

晴栄運送の
公式サイトをチェックする

電話で問い合わせる

目的別で選ぶおすすめの産業廃棄物処理業者3選は、下記をクリック!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓