目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

特別管理産業廃棄物の処理

特別管理産業廃棄物とは、事業を行う際に排出された「廃油」「廃酸」「廃アルカリ」「感染性産業廃棄物」「特定有害産業廃棄物」のこと。それらを回収してくれる産業廃棄物処理業者の紹介や、特別管理産業廃棄物についてまとめました。

特別管理産業廃棄物処理の優良業者を紹介

特別管理廃棄物を回収・処理してくれる都内のおすすめ処理業者を2社ピックアップ。処分の難しいものだからこそ、優良業者に回収を頼むのがおすすめです。

業者の特徴、国が認定する優良産業廃棄処理業者認定の有無、都が認定する産廃エキスパートの有無、環境に配慮しているかどうかのISO14001認定、利用できるマニフェストの種類などをまとめました。

アサヒプリテック

感染性の高いゴミを無害化してリサイクルか適正に処分してくれる

 アサヒプリテック公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:アサヒプリテック公式サイト
http://www.asahipretec.com/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

東京だけでなく、全国展開しているアサヒプリテックは、薬品や廃油、感染性廃棄物といった有害物質の廃棄も行い、など幅広い廃棄処理に対応。安全管理の行き届いた環境で処理してくれます。

アサヒプリテックの公式サイトを
チェックする

電話で問い合わせる

シンシア

首都圏有数の大型焼却融解施設を保有し、多くの医療機関と契約

 シンシア公式サイト画像キャプチャ
引用元HP:シンシア公式サイト
http://www.sincerehq.com/
産廃エキスパート
優良産廃処理業者認定 -
ISO14001認定
マニフェストの種類 電子マニフェスト

首都圏有数の大型焼却溶解施設を持つシンシアは、品川と横浜に処理施設があり、多くの医療機関と契約。感染性廃棄物の処理を積極的に行っているのが特徴。焼却の際に発生する熱エネルギーを再利用しています。

シンシアの公式サイトを
チェックする

電話で問い合わせる

特別管理産業廃棄物の処理業者の選び方

特別管理産業廃棄物の処理には厳しい基準が設けられています。自社での処分・産廃業者への委託のどちらでも、排出事業者が責任を持って処理しなければいけません。

そこで、産廃業者選びに重要なのが信頼できる会社かどうか。廃棄物が適正に処理されなければ人体や環境への影響が出てしまうため、産廃業者選びは慎重に行う必要があります。

1つの指標となるのが、国や都が設けている認定制度です。特に国が認定する「優良産業廃棄処理業者認定制度」は基準が厳しく、全国でも認定されている業者はそう多くありません。また、都が認定している産廃エキスパート認定も、ある一定の基準を満たしている目安になります。

特別管理産業廃棄物の処理方法とは

特別管理産業廃棄物は以下のように処理されます。また、処理を行う際には許可を得た施設や土地、人が必要です。自社で賄えない場合は、委託許可を受けた業者にお願いすることになります。

特別管理産業廃棄物の処理方法

  • 廃油:焼却、蒸留設備等で再生
  • 廃酸・廃アルカリ:中和、焼却、イオン交換設備等で再生
  • 感染性:焼却、溶融、高圧蒸気滅菌、肝炎ウイルスに有効な消毒、他法令に基づく方法
  • PCB等:焼却、分解、洗浄
  • 廃石綿等:溶融

環境省:「特別管理産業廃棄物の処理基準の概要」 2017年12月25日アクセス.

上記の他に、無害化して埋め立て処分を行う場合も。また、処理過程においてリサイクルされるものもあります。

「マテリアルリサイクル」と「ケミカルリサイクル」

リサイクルの方法には、廃棄物の性質を変えず再度同じ用途で利用するマテリアルリサイクルと、廃棄物と化学薬品を反応させ別の用途につかうケミカルリサイクルといった方法があります。

例えば、廃酸や廃アルカリの場合、マテリアルリサイクルなら同じ用途に再使用。ケミカルリサイクルの場合、冷却用水やセメントの原料などとして使用されます。

特別管理産業廃棄物についておさらい

特別管理産業廃棄物は「爆発、毒、感染といった危険があり、健康や環境に被害を及ぼすおそれのあるもの」という定義づけがされています。

さらに細かく5つに分類。「廃油」「廃酸」「廃アルカリ」「感染性産業廃棄物」「特定有害産業廃棄物」という内訳です。処理、運搬、保管に厳しい規定があり、認定された業者しか処分できません。また、特別管理産業廃棄物管理責任者の資格を保有した人が必要になります。

優良な産業廃棄物処理業者を選ぶべき理由

特別管理産業廃棄物は、処理方法を誤ると人体や環境へ甚大な被害をもたらす危険性があります。そうしたリスクを防ぐためにも、産業廃棄物処理業者選びは重要です。国や自治体の認定制度やISOの取得といった第三者からの評価や、業者ごとの得意分野を理解したうえで、回収や処理を委託しましょう。

特別管理産業廃棄物以外のごみ処理も検討している場合は、下記をクリック!

  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓