目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

コストダウンできる工場などの廃棄物処理

一般的に工場から出る産業廃棄物は、有料で廃棄物処理業者に回収してもらう流れになっています。しかし、工場の廃棄物は、リサイクルの意識を持ち実行するだけで、コストダウンにつながることもあります。このページではリサイクルに着目することで得られるメリットや、コスト削減についてまとめました。

工場の廃棄物処理でコストダウンするなら

処理施設を持たない工場は、廃棄物処理業者に処理を委託し、処理費用を支払い続けなければいけません。廃棄物の処理費用は、必要経費ではありますが、できれば安く抑えたいものです。廃棄物の量を抑えたり自社内で再利用したりといった施策は打てるものの、リサイクルに関して言えば業者任せのところも多いのではないでしょうか。コスト削減のためにできることを紹介します。

廃棄物が、何かの原料にリサイクル可能か考えてみる

廃棄物のリユース(再使用)やリデュース(減量)をおこなっている工場は少なくありません。しかし、いろいろと手を打っても出てしまう廃棄物をそのまま回収業者へ出しているのなら、そこが見直しポイントです。

工場から出る廃棄物にはいろいろな物質が含まれており、中には廃棄物ではなく何かの原料となりえるものがあります。しかし、「廃棄物は処理するもの」という意識が強い現場ではそれらを原料として再定義する機会もなく、ただ処理業者にコストをかけて引き取ってもらい続けているのが現状です。

今一度、捨てているものが何かの原料となりえないか考えてみるところからコストダウンが始ります。もし、リサイクル可能品であるなら有価物化も可能です。

他社で廃棄物を必要としているところがないか目を向けてみる

自社においては廃棄物であったとしても、他社から見ると原料や添加物となりえる場合もあります。排出事業者同士のつながりがあれば、コストダウンもしやすくなるでしょう。他社の情報をあまり持っていない場合は、廃棄物の収集・処理業者やコンサルタントからアドバイスをもらうことも可能です。自社以外に目を向けることで、廃棄物が有価物化できるのです。

廃棄物の自社内の経路を見直す

廃棄物のたどる経路は処理だけではありません。排出経路や運搬、保管などにもコストがかかっているはずです。これらを見直すことで、かかっているコストが見合っているかどうか、廃棄物として処理しなくてもよい方法などが見つかるかもしれません。また、自社工場の設備を最新のものに変えることでも、廃棄物にかかるコスト削減が期待できる場合もあります。

委託している産業廃棄物処理業者を見直す

工場と産業廃棄物処理業者は切っても切れない関係でしょう。その分、委託先を変えにくい場合もあるようです。しかし、産業廃棄物処理業者にはそれぞれ得手不得手の分野があります。万が一、契約先が工場系の産業廃棄物処理に不得手だった場合、コストが余計にかかっているケースも考えられます。

建物の解体工事で出る廃棄物処理が得意な業者、工場系の廃棄物処理が得意な業者、危険物などの特別管理産業廃棄物の処理が得意な業者など様々です。

自社工場で出る廃棄物に強い業者かどうか、今一度確かめてみましょう。複数の業者の相見積もりを取り、納得できる価格で取引できる廃棄物処理業者を探してみるのもおすすめです。リサイクルが得意な廃棄物処理業者であれば、自社の課題に対してアドバイスをしてくれるところもありますよ。

工場の廃棄物をリサイクルするメリット

工場の廃棄物をリサイクルするメリットは

  • コスト削減につながる
  • 有価物化がはかれる
  • 自社工場の工程を見直す習慣がつく
  • リサイクルに熱心な企業としてイメージアップ

などが挙げられます。コストも削減できイメージもアップできるとなれば、廃棄物の処理方法を見直して損はありません。

循環型社会を目指す現代において、リサイクルに熱心な企業のイメージはクリーンなものとして受け取られます。廃棄物のリサイクルに取り組むということは、コスト削減だけでなく自社のイメージアップにもつながります。副次的なメリットではありますが、企業においてイメージも大事な要素。廃棄物処理を見直すことは、積極的に取り組む姿勢をアピールするチャンスでもあります。

【目的別】工場から出る廃棄物の処理

工場などで出る廃棄物のうち、食品廃棄物と特別管理産業廃棄物の2つに着目しました。一般的な廃棄物とは異なるこの2種の廃棄物は、コストダウンのためにもリサイクルに強い業者を選ぶのがポイント。リサイクルが推進されている廃棄物を回収・処理してくれるおすすめ業者の選び方と基礎知識についてまとめています。

食品廃棄物処理業者の選び方と基礎知識

食品加工工場や飲食店などから出る食品廃棄物。これらは、食品リサイクル法により、収集量のうち一定の割合をリサイクルすることが推奨されています。おすすめの業者と食品廃棄物の基礎知識をまとめました。飲食関係の業態の方は要チェックです。

食品廃棄物処理の業者の選び方について
詳しく見る

特別管理産業廃棄物処理業者の選び方と基礎知識

工場や病院などから出る特別管理産業廃棄物。一般的に知られている廃棄物よりも、処理や運搬、保管には厳しい規定が設けられています。危険性が高いからこそ、信頼できる業者選びが求められていると言っていいでしょう。
業者の選び方や特別管理産業廃棄物の基本についてまとめました。

特別管理産業廃棄物処理業者の選び方
について詳しく見る