目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

産業廃棄物の種類

産業廃棄物の種類には、どのような廃棄物が該当するかチェックしておきましょう。これって産業廃棄物?とお悩みの事業主さんはぜひ参考にしてくださいね。また、「優良産廃処理業者認定制度」や「産廃エキスパート」など、信頼できる業者選びのポイントも知っておくと、収集・処理業者選びが捗りますよ。

産業廃棄物は20種類に分けられる

廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物の2つに分けられます。

次に、産業廃棄物は

  • すべての事業活動に当てはまるもの
  • 特定の事業活動において当てはまるもの

の2つに分類。さらに、細かく20種類が指定されています。よく使われている「残さ(残渣)」とは、残分・残留物といった意味の言葉です。

「あらゆる事業活動に伴うもの」は、業種を問わず産業廃棄物として扱う廃棄物の種類。例えば廃油は、工場や飲食店といった業態を問わずに産業廃棄物として扱われます。

「特定の事業活動に伴うもの」は、業務形態や内容に沿って出るゴミを廃棄物として扱うためのもの。例えば、印刷会社の場合は(13)の紙くずを産業廃棄物として扱わなくてはいけません。一般ゴミとして出してしまったり、自分たちで処理したりすると規定にそって罰せられます。

(20)は(1)~(19)を処理するために使用したものと言う意味です。その中でも固形物を指します。

産業廃棄物の種類

あらゆる事業活動に伴うもの

種類 具体例
(1)燃え殻 石炭がら、焼却炉の残灰、炉清掃排出物、その他焼却残さ
(2)汚泥 排水処理後および各種製造業生産工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、ビルピット汚泥、カーバイトかす、ベントナイト汚泥、洗車場汚泥、建設汚泥等
(3) 廃油 鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
(4) 廃酸 写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類等すべての酸性廃液
(5) 廃アルカリ 写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん廃液等すべてのアルカリ性廃液
(6)廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
(7) ゴムくず 生ゴム、天然ゴムくず
(8)金属くず 鉄鋼または非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等
(9) ガラスくず、コンクリートくずおよび陶磁器くず ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生ずるコンクリートくず、インターロッキングブロックくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くず等
(10) 鉱さい 鋳物廃砂、電炉等溶解炉かす、ボタ、不良石炭、粉炭かす等
(11) がれき類 工作物の新築、改築または除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片その他これらに類する不要物
(12) ばいじん 大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、ダイオキシン類対策特別措置法に定める特定施設または産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって集じん施設によって集められたもの

特定の事業活動に伴うもの

種類 具体例
(13) 紙くず 建設業に係るもの(工作物の新築、改築または除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
(14)木くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材・木製品製造業(家具の製造業を含む)、パルプ製造業、輸入木材の卸売業および物品賃貸業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等
貨物の流通のために使用したパレット等
(15)繊維くず 建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
(16) 動植物性残さ 食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、魚および獣のあら等の固形状の不要物
(17) 動物系固形不要物 と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥に係る固形状の不要物
(18) 動物のふん尿 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿
(19)動物の死体 畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等の死体
(20)以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記の産業廃棄物に該当しないもの
(例えばコンクリート固型化物)

【引用元】 「産廃知識 廃棄物の分類と産業廃棄物の種類等」
http://www.jwnet.or.jp/waste/knowledge/bunrui.html

管理や処分が難しい特別管理廃棄物

特別管理廃棄物とは、法律により「爆発性・毒性・感染性など他の人の健康または生活環境などへ被害を生じる恐れのある性状(性質や状態)である廃棄物」のこと。通常の廃棄物よりも厳しい規制があります。

特定有害産業廃棄物に含まれるPCBとはポリ塩化ビフェニルの略称です。人工的に作られた油で、燃えにくく電気も通しにくいという性質があります。絶縁体・熱媒体などとして使用されていましたが、毒性が高いということで、現在は製造されていません。

特別管理廃棄物の種類

種類 性状および事業例
廃油 揮発油類、灯油類、軽油類の燃えやすい廃油
------------------------------------------
《事業例》紡績、新聞、香料製造、医療品製造、石油精製、電気めっき、洗濯、科学技術研究、その他
廃酸
廃アルカリ
pH2.0以下の酸性廃液、pH12.5以上のアルカリ性廃液
------------------------------------------
《事業例》カセイソーダ製造、無機顔料製造、無機・有機化学工業製品製造、アセチレン誘導品製造、医薬・試薬・農薬製造、金属製品製造、石油化学工業製品製造、非鉄金属製造、ガラス・窯業、科学技術研究、その他
感染性産業廃棄物 感染性病原体が含まれるか、付着しているか又はそれらのおそれのある産棄廃棄物(血液の付着した注射針、採血管等)
------------------------------------------
《事業例》病院、診療所、衛生検査所、老人保健施設、その他
特定有害産業廃棄物
種類 性状および事業例
廃PCB等 廃PCBおよびPCBを含む廃油
PCB汚染物 PCBが染み込んだ汚泥、PCBが塗布もしくは染み込んだ紙くず、PCBが染み込んだ木くず、もしくは繊維くず、またはPCBが付着もしくは封入された廃ブラスチック類や金属くず、PCBが付着した陶磁器くずやがれき類
PCB処理物 廃PCB等またはPCB汚染物を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る)
廃水銀等
及びその処理物
・廃水銀等(廃水銀及び廃水銀化合物)
・廃水銀等を処分するために処理したもの(環境省令で定める基準に適合しないものに限る)
------------------------------------------
《事業例》水銀回収施設、水銀使用製品製造施設、水銀を媒体とする測定機器を有する施設、大学及びその附属試験研究機関、その他
廃石綿等 建築物その他の工作物から除去した飛散性の吹付け石綿、石綿含有保温材、断熱材、耐火被覆材およびその除去工事から排出されるプラスチックシート等で、石綿が付着しているおそれのあるもの、大気汚染防止法の特定粉じん発生施設で生じた石綿で集じん施設で集められたもの等
------------------------------------------
《事業例》石綿建材除去事業等
有害産業廃棄物 水銀、カドミウム、鉛、有機燐化合物、六価クロム、砒素、シアン、PCB、トリクロロエチレン、テトラクロロエチレン、ジクロロメタン、四塩化炭素、1,2-ジクロロエタン、1,1-ジクロロエチレン、シス-1,2-ジクロロエチレン、1,1,1-トリクロロエタン、1,1,2-トリクロロエタン、1,3-ジクロロプロペン、チウラム、シマジン、チオベンカルブ、ベンゼン、セレン、1,4-ジオキサン又はその化合物、ダイオキシン類が基準値を超えて含まれる汚泥、鉱さい、廃油、廃酸、廃アルカリ、燃え殻、ばいじん等
------------------------------------------
《事業例》大気汚染防止法(ばい煙発生施設)、水質汚濁防止法(特定事業場)等に規定する施設・事業場

【引用元】 「産廃知識 廃棄物の分類と産業廃棄物の種類等」http://www.jwnet.or.jp/waste/knowledge/bunrui.html

信頼できる業者を選ばないと罰則を受けることも…

産業廃棄物を排出している事業主にとって、収集・処理業者選びは重要。収集・処理業者が違法に廃棄物を処理・投棄していた場合、排出事業者側(依頼主)も罰せられてしまうからです。

最高で5年以下の懲役または1,000万円以下の罰金が課せられることもあるため、安易な選択は避けるのが無難。業者に頼まず自分たちで産業廃棄物を処理してしまった場合も同様の罰則規定があります。信頼できる産業廃棄物の収集・処理業者を探しましょう。

「優良産廃処理業者」が信頼のポイント

信頼できる回収業者か判断する基準の1つに「優良産廃処理業者認定制度」があります。通常の産業廃棄物処理業者認定よりも厳しい基準をクリアした事業者が受けられる国の認定制度で、保有しているのは全処理業者のわずか1%。事業の透明性や環境配慮の取り組みといった基準が設けられています。

まずは、この認定を受けているかどうかをチェックして、産業廃棄物の収集・処理業者を選んでみてはいかがでしょうか。

安心して任せられる産業廃棄物の収集・処理業者をチェックする

「産廃エキスパート」や「産廃プロフェッショナル」も

東京都では、優良な産業廃棄物処理業者を認定するための第三者評価制度として、

  • 産廃エキスパート(第一種評価基準適合業者)
  • 産廃プロフェッショナル(第二種評価基準適合業者)

の認定も行っています。

産業廃棄物の適正処理や、再資源化、環境に与える負荷の少ない取り組みを実施しているかなど、一定の基準をクリアした産廃業者のみが認定されます。

産廃エキスパートは、業界のトップランナー的業者に与えられ、産廃プロフェッショナルは業界の中核的役割を担う優良業者に与えられます。

産廃エキスパートの方が、産廃プロフェッショナルよりも上位の認定にあたりますので、業者選びに迷ったら、産廃エキスパートの認定を受けている業者を選ぶと良いでしょう。

東京でおすすめの産業廃棄物の
収集・処理業者をチェックする