目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

産業廃棄物と一般廃棄物の違い

このページは産業廃棄物と一般廃棄物の違いについてまとめています。

廃棄物は大きく分けて産業廃棄物と一般廃棄物に分けられる

廃棄物は産業廃棄物と一般廃棄物に分けられます。そこからさらに細かな分類があり、産業廃棄物も一般廃棄物もきちんと処理・処分を行わなくてはいけません。両者の違いを見てみましょう。

産業廃棄物

分類 説明
20種類の廃棄物 事業活動に伴って出る20種類の廃棄物
特別管理産業廃棄物 事業活動に伴って出る危険性のある廃棄物

一般廃棄物

分類 説明
事務系一般廃棄物 事業活動に伴って出る産業廃棄物以外の廃棄物
家庭廃棄物 家庭から出るゴミ
特別管理一般廃棄物 家電やゴミ処理施設などから出る危険性のある廃棄物

違い1:産業廃棄物は20種類と決まっている

産業廃棄物のうち、特別管理産業廃棄物を含まない20種類の内容が決められています。20種類のうち、13種類は業態を問わず、排出されれば産業廃棄物となるものです。残り7種類は業態により産業廃棄物か事務系一般廃棄物かに分かれます。

業態問わずに産業廃棄物になる13種類

燃えがら、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック、ゴムくず、金属くず、ガラスやコンクリート、陶器葛、鉱さい、がれき類、ばいじん、廃棄物処理過程で出た廃棄物

これらの産業廃棄物はどのような事業を行なっていても、排出されれば産業廃棄物となります。食品加工工場でロボットの部品を交換した際に鉄くずやゴムくずが出たとしたら、それらは産業廃棄物として処理が必要になる、といった具合です。事業活動のために出るゴミが上記の種類に含まれていれば産業廃棄物扱いになります。

業態で区別される7種

  • 紙くず:建設業、製紙業、印刷業など
  • 木くず:建設業、木製品製造業、パルプ製造業、輸入木材卸売業など
  • 繊維くず:建設業、繊維製品製造業など
  • 動植物性残さ:食料品・医薬品・香料製造業、醸造業など
  • 動物系固形不要物、動物の糞尿、動物の死体:畜産農業

これらは業種や業態により、産業廃棄物かそうでないかに分けられます。例えば、新聞印刷会社から出る紙くずは産業廃棄物ですが、飲食店から出るメニュー表やナプキンなどの紙くずは事務系一般廃棄物という扱いです。

特別管理廃棄物

特別管理産業廃棄物は、工場などから出る「爆発性、毒性、感染性があり人体や環境に影響を及ぼす廃棄物」のこと。廃家電などから出るものは一般廃棄物です。廃棄物が出る過程で産業廃棄物と一般廃棄物の2つに分けられます。

一般廃棄物は産業廃棄物以外のものという分け方

両者の区別は「産業廃棄物」と「それ以外」と考えると分かりやすくなるのではないでしょうか。事業活動に伴って出るゴミが、産業廃棄物に含まれているかどうかをチェックすると、分けやすくなりますよ。

違い2:責任の所在が市町村か排出業者か

産業廃棄物と一般廃棄物では、廃棄物の処理を行う責任の所在が異なります。また、処理のための許可を出す団体にも違いがあるのです。

廃棄物 処理責任 処理の許可
産業廃棄物 排出業者 都道府県
一般廃棄物 市町村 市町村

産業廃棄物の場合、排出事業者が責任を持って処理を行います。廃棄物処理業者に回収や処理を委託しても、責任は排出事業者側にあるのです。そのため、委託する産業廃棄物処理業者選びは慎重に行う必要があります。

一般廃棄物の場合、市町村が責任を持って処理しなくてはなりません。家庭から出る粗大ごみ(一般家庭廃棄物)の処理を市町村の自治体にお願いするのもそのためです。

共通点:許可なく処理・処分するのはNG

廃棄物の処理は「廃棄物処理法(廃棄物の処理及び清掃に関する法律)」にのっとって処理しなくてはいけません。

自社内において廃棄物を処理する際は、都道府県や市町村から許可を受けてから行わないと法律違反となってしまいます。また、許可を受けていない委託業者に頼んでしまった場合も同様です。産業廃棄物や一般廃棄物はきちんと許可を受けてから処理しましょう。

ちなみに、産業廃棄物を一般廃棄物として・一般廃棄物を産業廃棄物として処理するのは不適正処理となります。きちんと分類を理解していないと、意図せず不適正処理を起こしてしまう場合もあるので、注意が必要です。

産業廃棄物処理を安心して
委託できる優良業者をチェックする