目的別で選ぶ
産業廃棄物の
処理業者おすすめ3選

詳細を見る

産業廃棄物処理にかかる費用相場

産業廃棄物の処理にかかる費用相場がどのくらいか見てみましょう。どの程度のコストがかかるのか知っておくことで、業者選びもしやすくなりますよ。

廃棄物の回収費用相場

品目ごとの費用、リサイクル品の回収費用、廃棄物の回収費用などの相場を調べてみました。

品目ごとの費用相場表

品目 料金/円 備考
軽量混合廃棄物 7,000~ ボード・ガラ・がれき等が
含まれていないもの
廃プラ系混合廃棄物 8,000~ 塩ビ系の割合が多いもの
ボード混合廃棄物 18,000~ 木くずや廃プラ、紙などに
ボードが混ざっているもの
ガラ混合廃棄物 18,000~ 木くずや廃プラ、紙などに
ガラ・タイル・がれき類が混ざっているもの
純ガラ(無鉄) 12,000~ -
ごみガラ(ゴミ含有) 18,000~ ミンチは別途
解体系下ゴミ 18,000~ -
がれき類及び
ガラス陶磁器くず
18,000~ -
石膏ボード
(リサイクル可能品)
12,000~ -
石膏ボード
(リサイクル不可能品)
15,000~ 雨濡れ・汚れ・色付き
ミンチは別途
タイルカーペット 16,000~ -
Pタイル 18,000~ アスベスト含まず
(証明書必要)
レンガ及び色瓦 15,000~ -
タイルガラ 18,000~ -
サイディング・ケイカル板 18,000~ アスベスト含まず
木くず 5,500~ -
紙くず 8,000~ -
ゴムくず 7,000~ -
金属くず 2,500~ -

※1立法メートル当たりの料金

品目ごとに料金が設定されています。また、リサイクル可能品の方が価格が安いこともあり、廃棄物をリサイクル品として回収してもらえればそれだけでコストダウンにもつながるのです。

回収・運搬費用の相場

車両 単位 収集運搬料金/円 基本積載量 備考
2t平ボディー
又はコンテナー車
18,000~ 4m3 -
4tロング車 25,000~ 18m3 -
4tコンテナー車 交・引/台 18,000~ 8m3 重量物不可
コンテナー初回設置料金 18,000~ - -
4tパッカー車 25,000~ 8m3 -

処理費用とは別に、回収・運搬費用がかかる場合の費用相場は上記の通り。廃棄物の処理費用は「処理費+回収運搬費」を合わせて考える必要があります。業者によっては、処理費と回収運搬費を合わせた金額を提示していたり、リサイクル品のみ(運搬費用のみ)を扱っていたりなど、様々です。

リサイクル品の費用相場

コンクリートガラや段ボール、スクラップなどのリサイクル対象品の場合トラック台数で費用が換算されています。リサイクル品は回収費用のみのところが多いようです。段ボールやスクラップなどは、他の廃品と混ざっていると回収してもらえないこともありますので、きちんと分別するようにしましょう。

1車料金 単位 収集運搬料金/円 備考
再生コンクリートガラ 38,000~ 2t車 ・ 4t車
ダンボール 20,000~ 2t車 ・ 4t車
スクラップ 20,000~ 2t車 ・ 4t車

産業廃棄物処理費用の内訳

産業廃棄物を処理する際には費用がかかるわけですが、その内訳はどのようになっているのでしょうか。

収集・運搬費用

回収費用とも呼ばれるものです。これらについては「収集+運搬費用」の合計のみが請求書に書かれるケースが多いため、それぞれの内訳については記載されない可能性が高いといえるでしょう。
もしも自社で持ち込みをする場合にはこういった費用はかかりません。その場合は処理費用のみがかかることになるでしょう。

注意しなければならないのが、収集・運搬費用ばかりを確認し、処理費用を確認し忘れてしまうケースがあるということ。「収集・運搬費用」+「処理費用」が発生するので気をつけておいてください。

再資源化可能なものの処理費用

資源ごみと呼ばれるものです。当分ながら、リサイクルできるものは積極的にリサイクルすることが求められています。再資源化可能なものは処理費用が安めの設定になっているので、しっかり分別しましょう。

再資源化できないものの処理費用

再資源化できるものに比べると、処理費用が高くなります。ものによっては、状態によって再資源化できるかどうかが異なるので気をつけておきましょう。
例えば、解体工事で出た石膏ボードなどの場合、一般的には再資源化可能ですが汚れていたり泥がついているものは再資源化できないものとなり、処理費用が高くなります。

少量の場合や家庭から出たゴミの場合は自治体で回収してくれる場合も

一般的に、産業廃棄物に分類されているゴミが出た場合は、例え少量だったとしても適正な方法で回収してもらわなければなりません。自らの責任で適正に処理するように廃棄物処理法で定められているのです。

ですが、収集業者に委託するほどでもない程度の少量のゴミしか出なかった場合は、自治体に回収してもらいましょう。例えば、八王子市の取り決めについては、次のようになっています。

「少量排出事業系ごみ収集制度」というものが設けられていて、こちらでは40リットル以下の可燃ごみ、80リットル以下の不燃ごみが対象です。
可燃ごみは週に2回、不燃ごみは2週に1回回収となります。なお、利用するためにはごみ減量対策課に事前に登録申請しておかなければならず、事業系指定収集袋に入れて事業所の前に出す必要があります。

事業系指定収集袋以外での回収は行っていないとのことでした。そのため、有料のごみ袋を購入する形となります。一般的な家庭用のごみ袋に比べると価格は高めです。

ゴミの出し方などを含め、各自治体によって取り決めは異なるので、自分の自治体はどのようになっているのか確認してみてくださいね。家庭ごみの出し方とは分別が異なるケースが多いので気をつけておきましょう。

処理費用を抑えるには

紹介した費用相場は、換算方法が1立法メートル当たりの料金となっています。処理費用を抑えるには、この大きさに対象となる廃棄物がなるべく多く入るよう、分別をきちんと行うのがポイントです。

分別を行った結果、廃棄物ではなくリサイクル品として扱ってもらえれば処理費用も安くなります。

費用以外のチェックポイント

処理業者選ぶ際に、費用は重要なポイントです。しかし、あまりにも安すぎる価格を提示してくる業者には注意が必要です。そのような業者は正しい手順を取らずに廃棄物を処理していたり、許可を得ていなかったりする場合があります。

価格だけでなく、様々な認可を得ているか、委託契約書とマニフェストをきちんと発行してくれるかどうかなど、総合的に判断して業者を選ぶようにしましょう。

ホームページに費用が掲載されていないときは

廃棄物回収業者の中には、公式サイトにて費用や回収品目の目安を明記してる業者もあれば、品目や費用が掲載されていない業者もあります。掲載していない業者の場合、排出事業者に合わせた料金内容を提示してくれることもあるため、見積もりを取ってもらうのが◎。見積りサービスを利用して、より良い産業廃棄物処理業者選びをしましょう。

産業廃棄物処理費用の地域別相場

産業廃棄物を処理するといってもどの地域なのかによって相場は異なります。相場について調べようと思った際には自分の地域ではどのような扱いになっているのかについて調べる必要が出てくるわけです。

例えば、木くず1トンあたりの処理費用について調べてみると、北海道は13,000円、東北地方・甲信越地方・北陸地方などは12,000円、関東地方は14,000円となっています。

それから、地域によって差が大きく見えがちなのが1トンあたりの処理費用が高い産業廃棄物です。
例えば、廃油が挙げられます。こちらは北海道が1トンあたり75,000円、東北地方などが73,000円、関東地方は78,000円となっており、最も高いのが四国地方の29,000円です。
反対に最も安いのは北陸地方で25,000円となります。

もちろん、地方によって料金が違うといっても、なかなか産業廃棄物を他の地方に持ち出して処理するわけにはいきませんよね。ですが、自分の地域の相場を確認し、処理費用が高くなりがちなものはできるだけ出さないように工夫するなどしてみてはどうでしょうか。

どの業者に発注するのかによっても処理費用は異なってくるので、まずは相場を調べておいてから、そこよりも安いところを探して依頼するのも一つの方法です。

産業廃棄物処理の優良業者を探してみる